世界で人気抜群製品はこれだ!

  • 世界で人気抜群製品は」これだ!

Pitta!

宝くじ

アロハシャツ

お名前com

一人暮らしを始めるなら

働きたいあなたへ!

ビックカメラ

  • ビックカメラ.com

ジャパネットたかた

  • ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

クロックス

  • クロックス オンラインショップ

ABCマート

価格こm

  • 価格.com自動車保険 比較・見積もり

ANAオリジナルグッズ

  • ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle

ウェルネスフラワー

  • ウェルネス フラワー&グルメ ギフトショップ

ライブドアデパート

ハガキ印刷

三越

  • 三越オンラインショッピング

宝くじ当選祈願

開運

月の土地が買える!

火星の土地が買える!

村岡総合法律事務所

ごはんの友

  • 日本の美味しいごはんのお供「ごはんの友」-JALショッピング

バンダイチャンネル

  • 月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

ドミノピザ

  • ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

お試しワイン

  • エノテカ/お試しワインセット_125_125

ジャストシステム

  • Just MyShop(ジャストシステム)

ベネッセ

  • ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

カービュー

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

熱中症一歩手前!

今日は予定通りに朝の5時から家庭菜園の草退治と

秋冬野菜を植える準備、そして自宅周りの草退治を

やり遂げました!

まずは家庭菜園の草退治ですが、これが大変でした。

何が大変かって草1本1本が大きい、根も深い!

この間降った雨で根も伸びたのでしょうね。

これでは草退治が進まないので菜園の四隅と今植えてある野菜回りを

除草してそれ以外は大きい雑草だけ除草して残りは耕運機で耕しついでに

かくはんしちゃいました。

綺麗になりました、草原が畑になりました?

そしてなにも植えていない場所に苦土石灰を播いて終了!

後日、秋冬物野菜の種まきと苗植えをすればOK!

残りは自宅周りの雑草退治。

最初は草取りをしようと思っていましたが除草剤を播いちゃいました。

後は枯れるのを待つだけです。

作業終了は11時ちょうど。

これだけだと何もかも順調に草退治が終わったように見えますが

実は家庭菜園の草退治の途中、体調が悪くなっちゃったんです。

心臓の鼓動は早くなるし、身体もだるい、ヤバイ、熱中症!?

一時自宅内に退避して冷たい飲み物を飲んだり

アイスノンで冷やしたり40分くらい休憩したでしょうか、

体調も良くなってきたと思ったので残りを片づけましたが

無理は禁物ですね。

自宅の庭先の畑で熱中症は洒落にならないです。

体調がおかしくなってきたのは9時くらいの時だったけど

自宅内と言えども無理は禁物です!

2018年8月30日 (木)

ビックリするくらいの雑草の成長の速さ!

我が家の畑がとんでもない状態になってます!

雑草が伸び放題!

雑草って、こんなに成長が早いのかよ!って感じです。

ついこの間、雑草退治はしたんだけど、雨の日もあったので

一気に成長したんでしょう。

秋冬物野菜の植え付け時期にもなって来るので

ここで一気に雑草を退治しないと秋冬物野菜の植え付けも出来ません。

明日は雑草退治から秋冬物野菜の植え付け準備まで

やってしまおうと思っています。

明日は朝の5時から開始予定!

2018年8月29日 (水)

仏壇の生花

今年の夏は猛暑続きで自宅も日中は誰もいないので

窓も閉めっぱなしなので帰宅して一番にやることは

エアコンのスイッチONです。

猛暑日ともなれば家の中も猛暑?

半端ない暑さです。

そんな暑さなので生ものは傷むのが早いです。

生ものと言っても食べ物ではなく仏壇にお供えしている

生花です。

毎日、水は入れ替えていますけど数日しか持ちませんね。

それなので夏場はお供えの生花にかかる費用もバカには出来ません!

だいたい1000円分の生花をお供えしてますが

8月だけでも8000円くらい生花だけどかかっていると思います。

夏場だけは造花をお供えにしようかとも思いましたが

仏壇にお供えするものは食べ物にしても生花にしても

枯れるもの無くなるものが基本なので生花にしてます。

亡くなった母に、枯れた花なんかお供えしないで!って

怒られちゃいますからね。

暑い夏も、もうちょっと、彼岸を過ぎれば30度を超す日も

少ないでしょうからね!

2018年8月28日 (火)

ヘチマキュウリとボケナス?

今の時期、夏野菜も最後の収穫なのですが

成長が早いんですよね。

なので毎日収穫しないとビックサイズの野菜になっちゃいます。

ただ休みの日以外は仕事から帰宅してからの収穫なので

帰りが遅いと家庭菜園も暗くて実っている野菜が分からずに

収穫できないことも多々ありますが、そんな収穫できなかった野菜

翌日収穫すると、とんでもないサイズになってるんです。

例えばキュウリ、ヘチマサイズのキュウリになっちゃって

普通のキュウリの10本分くらいあるんじゃないでしょうか?

そしてナスもビックサイズに!

普通サイズのナス6本分くらいはあるでしょうね、まさしくボケナス?

他にはオクラもそうです、収穫しそこなった翌日には

20センチサイズのオクラになってます。

ヘチマキュウリとボケナスは食べられるけど成長しすぎたオクラは

ダメですね。

固いし筋があって食べにくいです。

ピーマンやシシトウも収穫しそこなうと虫が入り込んじゃうしね。

夏野菜も食べ飽きてきたけど食べられるのも、あと少しの間です。

ヘチマキュウリもボケナスも大事に食べないと!

2018年8月27日 (月)

肺、胃、大腸、前立腺のガン検診

今日の午前中、自治体が実施する肺、胃、大腸、前立腺の

ガン検診を受けてきました。

4種類のガンの検査と言っても肺はレントゲンと痰の検査で

痰は事前に自宅で採取したものを持参します。

肺に関しては今日はレントゲンのみで胃はバリウム検査でしたが

バリウムはいつもながら嫌でしたが今日は、すんなり下剤1錠で

午後一、すんなり出ましたよ!

いつもなら翌日まで持ち越し何とことも多いんだけどね。

それから大腸は事前に自宅で採取した2日分のサンプルを採取して

提出のみです。

残りの前立腺は血液検査でPSD検査で数値が4以上だと再検査だそうです。

他にも骨密度やB、C型肝炎の検査もありましたが、受けませんでした。

毎年献血もしてるし、骨密度に関しては問題はないと思ったので!

今日だけど40人ほど検査を受けてましたね。

思ったより少なかったな。

今日、初めて自治体の保健センターに行きましたが

レントゲンやバリウムのX線検査などの設備があるんですね。

バスの検診車のようなものが来るかと思ってました。

ちょっとした医者の設備はあったのでビックリしました。

来年も受けようかなと思ってます。

2018年8月26日 (日)

癌検診

明日は自治体の保健センターで実施される癌検診を受診します。

明日の検診内容は肺、胃、大腸、前立腺の4項目です。

私の家系は完全な癌家系、

先週には私の長姉が膵臓ガンに冒され、最後は脳内出血で

なくなりましたし、私のすぐ上の姉も20年ほど前に乳がんになり

私の親父も大腸癌になり、すぐ上の姉も親父も完治しましたが

私の従兄も今月、大腸がんの手術を受けました。

私にとっては癌は非常に身近な病気です。

先週なくなった長姉にも3月の時に、癌家系なんだから

お前も気を付けなよ!って言われていたんです。

その時には長姉も自分は長くは生きられないなと

思っていたと思います。

私も勤務先の健康診断は毎年、受けていますが

長姉のこともあり受けることにして申し込み、明日の検査ということに

なりました。

検査で100%発見できる保証はありませんけど

結果が悪くなければ一応ホッとしますよね。

今夜は8時以降は何も食べれないので早めに寝て

明日の検査に備えようと思っています。

2018年8月25日 (土)

猛暑復活

一時、猛暑が落ち着いたと思ったら、ぶり返しました!

今日は強烈で容赦ない日差しと気温!

同じ埼玉の熊谷は37度って天気予報では言ってましたけど

同じ埼玉の私の勤務地では37度じゃないでしょう、

38、いや39度くらいまで気温が上がったのでは?というくらいの

厳しさでした。

今日は外回りの仕事でしたが外に出るのが嫌で嫌で、できれば車の中に

ず~っと居たい気持ちでしたが、仕事ですから、そんなわけにもいかず

猛暑の中、頑張って仕事をしてきました。

予報によると明日は39度予想!

今日以上の暑さ、もしかしたら40度突破!かも?

明日も仕事で外回り!

明日は休みて~ぇ!

日がだいぶ詰まってきたのは実感してるけど

気温だけは容赦ないです。

今年の夏は暑いとは思っていたけど猛暑がとてつもなく多い夏だとは

思ってませんでした。

土用じゃないけど、もう一度ウナギを食べて暑気払いをしなくては!

2018年8月24日 (金)

長姉の納骨

先ほど、長姉の旦那様である義兄から先週の火曜日に亡くなった

私の長姉の納骨を来月の下旬に行いたいと連絡がありました。

長姉の嫁ぎ先のお墓は千葉県にあります。

ほとんど東京都との境で長姉宅からはさほど時間はかかりません。

長姉が亡くなってから思っていたのですが、姉弟が減るというのも

寂しいもんですね。

長姉は67歳でした。

私たちの母も、決して長生きではありませんが長姉は母より11歳も

若くして亡くなったんです。

親父は寝たきり状態ですが健在してるのにね。

もし93歳の親父が寝たきりでなく痴呆症もなく

元気な状態だったら自分の娘の死を目の前にして、

どう思ったかな、悲しみは姉弟以上だったろうな、

寝たきり状態、痴呆も進んでいる親父には長姉が亡くなったことは

話していません。

話したところで理解できないと思います。

それ以前に私も長姉が亡くなったってことが信じられなくて

私のスマホに長姉からLINEでもあるような気がします。

現実には長姉からのLINEの最後の連絡から1ヶ月経ってるんですけどね。

長姉も向こうの世界で亡き母に再会できたかな?

2018年8月23日 (木)

今日は晴れのち雨の繰り返し!

今日はおかしな天気でした。

朝は快晴で午前中いっぱいは晴れ時々曇りでしたが

午後は天気一変、晴れたと思ったら急な土砂降り

また晴れたと思ったら土砂降り、雨が降り出したら半端じゃなく

ほんの数メートル歩くだけでびしょ濡れです。

そんな天気の中、午後は夕飯の買い物に行ったのですが

スーパーに車を止めた時は晴れていましたが、買い物が終わって車に戻ろうとしたら

土砂降りの雨!

止むのを待って車に乗り込みましたが帰宅途中も降ったりやんだりの繰り返して

自転車に乗ってる人は、皆、ずぶ濡れ状態でした。

台風の影響何ですが、雲の動きも早いです。

太陽は見えてるけど上空にヤバい雲が来ると問答無用の土砂降りですからね。

洗濯物を干しっぱなしの家もあったので、返ってくるまでは降らないと

思っていたのでしょうね。

私は、多分降ると思っていたので買い物に行く前に洗濯物は

家の中に取り込んでおきました。

パート先の妻からも洗濯物は大丈夫?の確認のLINEも!

今夜も降ったりやんだりの天気かな?

今は月が出てるんだけどね!

次女も駅まで迎えに行くようかな?

2018年8月22日 (水)

長女、出産後の養生は!?

12月に男の子を出産予定の長女ですが、

日曜日の私の長姉の告別式に、お腹も大きいのに夫婦で出席してくれて

帰り道に出産したら養生はどうするのか?って聞いたら

まだ決めかねているみたいなので、家で養生したら!っていいました。

長女も、そうしようかなって!

そして私が、婿さんも長女が養生している間は家に来れば!って。

婿さんが、いいんですか?って聞いたので、いいんだよ家族なんだから

遠慮無用だから!と言ったら、ちょっとその気になったみたいです。

長女だって生まれ育った自宅は建て替えたのでないけど、

生まれ育った土地だし、知り合いだって多いし、

親が身近にいるというのは心強いでしょう。

婿さんだって、できれば一緒に居たいだろうし、赤ちゃんだって

お風呂に入れてあげたいでしょうからね。

難をいえば勤務先まで、ちょっとばかり遠くにはなりますけどね。

まあ、長女と赤ちゃんの1ヶ月検診までの間だし年末年始も

あるから、実際の通勤日数は多くはないからね。

もし養生で戻って来るとなると我が家も、ちょっと忙しくなります。

ベビー布団やらベットやら長女夫婦の布団まで買い揃えなければ!

もし一時帰宅となったら、ちょっとにぎやかになるかな?

今同居している次女も自宅を出ることが決まってるので

夫婦2人だけになっちゃいますからね。

1ヶ月という短い間ですが初孫の顔を毎日見られるのは

嬉しいですからね。

今年の12月は楽しみですよ!

2018年8月21日 (火)

家事代行と宅配食事

長姉が亡くなり、子供たちも独立しているので、

これからは義兄も独り暮らしになります。

長姉が残した遺書にも、

「お父さんは一人では何もできないので私がいなくなった時のことを

考えると、とても心配です」と書き記してありました。

独立している子供たちも川越、滋賀県、国立と

離れて暮らしているので、交代でも毎日の食事や家事全般の

面倒を見るのも大変です。

いろいろ考えた末に家事代行と3度の食事は宅配の食事にしようかという

案が出ていますが、義兄は長姉が患ってから、お試しで宅配の

食事を申し込んだそうですが、自分の口には合わないなしく

宅配の食事は嫌だと言ってるみたいです。

私は食べたことがないので、わかりませんが長姉の手料理に

長年親しんできたので無理もないことだと思っています。

結構難しい問題ですよね、

私だって妻がいなくなり一人暮らしになったときに

全てできるかどうかは分かりません。

私としては結婚して国立で暮らしている長女夫婦が

義兄と実家に戻って暮らすか、長男が私の親父の土地に

家を建てて暮らしているので長男夫婦と一緒に同居でもいいかなと

思っているのですが、決めるのは義兄と子供たちですからね。

それだけが、ちょっと心配です。

2018年8月20日 (月)

亡くなった長姉の遺書

火曜日に亡くなり、昨日告別式が終わった長姉宅に

長姉の好物だった和菓子を持参して、お焼香をしてきました。

昨日は最後の別れということもあり、涙ぐんでいた義兄や

甥姪たちも元気を取り戻しつつの状態で、昨晩は家族と

甥の嫁さんの両親たちと、賑やかなことが好きだった姉を偲んで

自宅で、ちょっとした飲み会をやったそうです。

だいぶ盛り上がったみたいです。

もしかしたら長姉も参加していたかもしれません?

そして今日は長姉が書き残したという遺書を見せてもらいました。

その書き残した遺書には孫たちの成長を、もっと見たかったこと

これから義兄が一人暮らしになることへの心配、それから最後に今までの

感謝の気持ちが書かれていました。

この遺書を書いたのが6月の初めだったようで

家族が遺書を見つけたのは先月、長姉が脳内出血で意識がなくなってからで

他にも義兄や子供たち夫婦にも個別に遺書を残していたと

言ってました。

遺書を残す以前に長姉は自分の命が長くないことは知っていましたし

義兄や子供たちも、そのことは知っていて長姉が自分が死んだときには

この写真を遺影にしてなどと言っていたそうです。

その時には義兄も縁起の悪いことは言うな!と言ったそうですが

長姉も意識があるうちは家族を悲しませないために気持ちだけは

元気を装っていたようです。

そんな遺書を見せられたら、何とも言えない気持ちになります。

自分が長姉の立場だったらどうか?

凄い落ち込むかもしれません、そんな気丈に生きて燃え尽きた

姉には感服しました。

2018年8月19日 (日)

長姉の葬儀、滞りなく終わりました

火曜日に亡くなった長姉の葬儀が終わりました。

昨日はお通夜でしたが参列者も多く、その中には九州から

わざわざ来てくれた高校時代の友人もいました。

中々途切れることのなかった参列者の焼香、

生前の長姉の付き合いの広さが良くわかりました。

またお通夜には長姉、私の従妹弟たちも来てくれて

元気なころの長姉の姿から変わってしまった姿を見て

目頭も滲んでいました。

通夜ぶるまいの席では私も弟として各テーブルに挨拶回りをして

長姉が生前お世話になったこと、お通夜に駆けつけてくれたことの

お礼をして回りました。

そして今日の告別式、今日は小中学校時代の幼馴染も来てくれて

最後のお別れまでいてくれてありがたかったです。

長姉の歳は正確にいうと67歳と9ヶ月、

女性の平均寿命より20歳近くも短い人生でしたが

生きた内容は非常に濃い物だったと思います。

最後のお別れで棺の中をお花で飾る際に私も長姉に感謝の気持ちを込めた

手紙を入れました。義兄や姪も、入れてました。

そして収骨、思っていた通り、抗がん剤治療等により

骨は少なかったように思います。

骨を拾い精進落としを頂いて帰宅しましたが、明日、また長姉宅に

行ってきます。

お焼香と、香典を頂いた人の仕分けのお手伝いをしてきます。

私の従姉妹や長姉の学校時代の友人など、わからない名前も

あるでしょうからね。

私も姉が亡くなってから、昨日今日の葬儀、ちょっと疲れました。

今日は早めに休みます。

2018年8月18日 (土)

今日は長姉のお通夜です。

今日の夕方、6時から亡くなった長姉のお通夜があります。

私が生まれて長姉と一緒に暮らしたのは長姉が嫁ぐまでの

17年間でした。

長姉も嫁いで43年目、2男1女の子供にも恵まれ

その子供たちも社会に貢献している仕事を立派にやっています。

長姉も誇りに思っていたんじゃないのかな?

ただ67歳という女性の平均寿命よりはるか下でこの世を去らなければ

ならなかったことには無念があったでしょう。

可愛がっていた孫たちのこれからの成長も見守りたかったでしょう。

あと残された義兄のことも気がかりだったでしょう。

長姉と義兄は同い年です。

60歳を過ぎて体で心配だったのは長姉でなく義兄の方でしたから。

私も長姉のガンが発覚してから、うちの家系はガン家系だからと

長姉にも言われていました。長姉にはいろいろ、お世話になっていて

感謝の気持ちで一杯です。

先ほど、そんな感謝の気持ちを込めて長姉に手紙を書きました。

内容は弟から姉への感謝を込めた内容です。

明日の最後のお別れの時に、棺に入れようと思っています。

では、これからお通夜に行ってきます。

2018年8月17日 (金)

長姉とのお別れの日

明日は火曜日に亡くなった長姉のお通夜です。

明後日が告別式なので長姉の顔を見られるのも

あと2日だけになりました。

あと2日で長姉ともお別れです。

明日は交友関係が広かった長姉の友人たちや長姉の子供たちの

友人たちや義兄の友人たち、長姉の従姉妹たちも来てくれるようなので

賑やかが好きだった長姉、喜ぶと思います。

今日の夕方、義兄に電話して手伝うことがないか確認しましたが

大丈夫だからということでした。

母思い親思いの長姉の子供たちがいますので余計な心配だったかもしれませんが

今一番心配なのは義兄の体です。

長姉が脳内出血で倒れてからというもの、満足に寝てないと思います。

長姉のベットの横で添い寝するような形でず~と通していましたからね。

告別式まで済んで亡骸になって長姉が自宅に戻ってきたときに

疲れが一気に出て来るのではと心配しています。

義兄のことも良く見てあげてと甥や姪にも言ってありますが

ちょっと心配になります。

2018年8月16日 (木)

長姉の訃報に親戚からの電話

昨日今日は私の長姉の逝去を知った親戚から

電話がたくさん入りました。

長姉は親戚、特に従兄弟たちの中でも女では一番年上で

小さいころから愛嬌が良く顔も親父にかつらを被せたようだと

良く言われてました。

長姉にとって親父にが嬉しかったかどうかは、今となってはわかりません。

多分、嬉しくはなかったと思います?

昨日今日の親戚従姉妹たちからの電話だとお通夜告別式には

たくさん弔問に来てくれるようです。

親戚の一部しか長姉の病気のこと、脳内出血で命が危ないということは

知らせていなかったので、急な知らせで驚いていました。

長姉が亡くなったことを長姉の横で確認した私でさえも

信じられないし、長姉のスマホに電話なりLINEなりを入れたら

すぐに応答があるような気がしてます。

膵臓ガンだけなら、もうちょっと生きていられたかもしれないけど

脳梗塞、脳内出血は予想外で残念です。

長姉も気がかりなことを残したまま旅立ってしまったので

心残りだと思います。

今となっては、仕方がありませんが告別式の最後のお別れの際

今までの感謝に気持ちを綴った手紙をお棺に入れて

お別れしたいと思っています。

2018年8月15日 (水)

亡き長姉の思い出

昨日の早朝、永眠した長姉、

今日も長姉の自宅に訪問して、すでにお棺に入れられていて

お棺の窓越しに長姉の顔を見て、綺麗に化粧をされて

静かに安らかに眠っている姿を見て心の中で

姉ちゃん、楽になってよかったねと思いながらお焼香をして

義兄や長姉の子供たちと長姉の思い出話をしてました。

長姉は私より8歳年上で私と長姉の間には2人の妹もいます。

面倒見が良かった姉だったんです。

特に私とは歳も離れていたし、父は製麺業を営んで母も

父の仕事を手伝っていて、忙しく自宅の隣に工場がありましたが

幼かった私の面倒は長姉が見てくれていました。

私が、お腹が空いたと泣きさけべば、おにぎりを作ってくれたり

私を乳母車に乗せて散歩に行ったり

私の小学校時代は夏休みの工作の宿題で悩んでいた時に

手伝ってくれたり、私の中学時代には長姉も丸の内のOLとして

働いていて授業参観や面談など忙しい両親に代わって中学まで

来てくれたりと、口では言いきれないほど、お世話になっていました。

そんな姉が母が亡くなった歳より10歳も若く、そして施設に入居しながらも

93歳の存命の父より短い人生に幕を閉じたことは悲しく寂しいことです。

今週末、お通夜告別式ですが、今までお世話になった感謝の気持ちと

先に天国に旅立っている母に長姉のことを頼むことと

残された家族を見守ってほしいことを手紙に書いて

最後のお別れの時にお棺に入れようと思っています。

2018年8月14日 (火)

午前5時40分、長姉、静かに永眠しました。享年67歳

夕べのことですが夜の9時過ぎに私の2番目の姉から

長姉の血圧が60に下がって呼吸も苦しそうだと連絡があり

長姉の長男は警察官で私の親父名義の土地に家を建てて住んでおり

勤務から帰宅して実家からの連絡で、すぐに行くと言うので

私と私の2人の姉も一緒に長男夫婦の車に同乗して

長姉宅に向かいました。

長姉宅に着いた時には連絡を受けた状況通りで、血圧は60、

酸素濃度は測れず、呼吸は苦しそうで手は冷たい状況でした。

2時近くまで長姉の傍で容態を見守っていましたが、義兄が交代で

見ることにして仮眠してというので2階の部屋で仮眠していたとき

朝の5時5分前、以上に危ない状態だからと起こされて1階の長姉が寝ている部屋に

行ったときには呼吸は停止していたように見えましたが

医師の確認が取れないまでは死去の判断はできませんので訪問医師が

来て確認してからの死去の確認でしたので死亡時刻は5時40分でした。

長姉はガンの闘病生活で痩せ細ってはいましたが

顔は苦しさから脱して安らいでほっとしたような顔でした。

長姉も膵臓ガンから最後は脳内出血と苦しい闘病生活でしたが

最後は自宅で家族全員に看取られての最後、幸せだったかもしれません。

そして長姉を最後まで奇跡を信じて懸命に看病をしていた義兄や

甥姪たちにも感謝をしています。

これからはしっかり者の長姉はいません、私も

残った家族のサポートをしていきたいと思ってます。

2018年8月13日 (月)

長姉が危ない状態と連絡が、

たった今ですが私の3人いる姉の2番目の姉から電話が入って

一番上の長姉の容態が急変して危ない状態だと連絡が入りました。

血圧も下がってきて酸素濃度も測れない状態だと。

私が2日前の土曜日に長姉の様子を見に行ったときには

意識はない状態だったけど手足は動かしていたし

その一週間前に長姉を見た時と左程の変化はなかったので

まだ、何とか大丈夫かなと思っていたのですが

今朝、2番目の姉から連絡を貰った時には長姉の熱が39度1分あって

座薬を入れても下がらないと言っていたので

気にはなっていたんです。

本当はすぐにも長姉宅に行きたいのですが

長姉の旦那様、義兄から夜中で出かけても危ないし

長姉の子供たち3人と嫁さん婿さん孫たちが見守ってるから

大丈夫、もし何かあったら、また連絡するからということでした。

先ほど2番目の姉と話して明日の朝、電車で行って見ようと

話したところでした。

夕方に盆迎えでお墓まで行って迎え火を焚いて亡くなった母を

連れてきて、長姉と親父のこと見守っていてとお願いしたところだったんです。

今夜は心配で眠れそうもないです。

2018年8月12日 (日)

ガン検診の案内

今月の後半に実施される自治体のガン検診の案内が送付されてきました。

先月の初めに検診の案内が自治体から来ていたので

還暦も過ぎたし勤務先の健康診断だけではと思って申し込みしました。

私にとってガンは身近な病気です。

親父の兄弟は6人ガンで亡くなっていますし、親父も完治はしましたが

大腸ガンでした。

私の姉も長姉は膵臓ガンが肝臓まで転移している状態で

私のすぐ上の姉は20年前に乳ガンになりました。

幸い早期発見で手術で完治しましたが我が家系は

完全なガン家系なんです。

膵臓ガンが肝臓にまで転移してしまった長姉にも

ガン家系なんだからお前も気を付けなよ!って。

長姉はガンに冒されたうえに脳内出血まで引き起こし

現在、意識が全くない状態です。

脳内出血になる前に覚悟を決めていた長姉に言われた

お前も気を付けな!の言葉が頭に残ってのガン検診の申し込みでした。

ガン検診の部位は胃、肺、大腸、前立腺です。

私にとってガンは身近な怖い病気です。

やっぱり検診を受けて結果が出るまでは不安です。

2018年8月11日 (土)

今日の長姉の様子。

今日は私は休みだったので膵臓がんを患い、脳内出血まで引き起こし

意識不明の状態が続いている長姉の様子を見に

長姉の住む都内の自宅まで行ってきました。

長姉の様子は先週とあまり変わった様子もなく手足は無造作に

動かしてはいますが意識は全くなく問いかけの応答も反応も

全くありません。

ただ食べ物が口から入らないので点滴の栄養のみで

先週に比べて痩せたように見えます。

私の妻も一緒に行ったので義兄から長姉が元気だったころの

家族やご近所や友人たちとの旅行の思い出の写真なども

色々見せてもらって、、いろいろな思いが頭に浮かんでました。

我が自宅にも長姉の写真はありますが、それは我が家から嫁ぐまでの

写真です。私とは8歳違いの姉で両親が仕事で忙しかったので

私が幼少のころは面倒をよく見てもらいました。

そんな話も義兄や看病していた姪や甥に話してましたけど

心配なのは義兄や姪や甥の体調です。

意識もないので夜も熟睡というわけにもいかないでしょう。

長姉のそばには2人づつ交代で長姉の寝ているベットの横で

寝てるのですが義兄も甥も姪も疲れは顔に出していませんが

だいぶ溜まっているはずです。

帰り際に甥には寝られるときにはちゃんと寝なくちゃだめだよとは言いましたけど

親思いで面倒見の良い甥や姪ですから無理しちゃうでしょうね。

姉も心配ですが姉の家族も非常に心配です。

2018年8月10日 (金)

中心静脈栄養

先月の初め、脱水症状をおこしてから体調不良が続き

先月中旬には肺炎まで起こして、このまま逝ってしまうのではと

心配していましたが、微熱も下がり心臓と肺も元の動きに

戻りつつあり血圧もいつもの通りとなってはきてますが

口から食べ物が食べられない状態は依然として続いています。

もちろん寝たきり状態で喉に痰が絡むようで苦しい様子を

見せるときがちょくちょくあります。もう老衰の域に入ってるのでしょうか?

先日、親父の入所している介護施設のケアマネージャーから電話で

「お父様の今後のことについて巡回している医師からの説明を

受けていただけませんか!」ということで今日が施設への医師の巡回日

だったので勤務先を半日有給を使って医師の説明を聞いてきました。

医師からは、このままでは危ない状態になるばかりで

口から栄養が摂取できる状態では ないので

点滴ではなく、より高カロリーの栄養を摂り入れられる

「中心静脈栄養」という措置をやりましょうという話でした。

中心静脈栄養というのは1日に必要な栄養素を心臓に近い

静脈に管を通して24時間かけて送り込むのだそうです。

私もよくわからなかったので帰宅してからパソコンで検索しました。

そしたら、そんなことが書いてあったんです。

親父もここ1ヶ月半で、大分弱ってきましたが、親父の娘であり

私の長姉でもある姉も膵臓ガン、転移、脳内出血と悪いことが重なり

意識もない状態が続いているので、とても心配なんです。

親父と姉が同時に逝かれたら最悪です。

明日は長姉の様子を見て来る予定です!

2018年8月 8日 (水)

親父も老衰の域

今日、親父が入居している介護施設のケアマネージャーから電話があって

親父の今後をどうするかの話がありました。

現在の親父の様子というか容態はほぼ寝たきりで

口から食べ物が入らず点滴のみです。

オシッコは管で取っています。

問いかけには耳が遠いため聞こえているのかわかりませんが

反応は鈍くなってきています。

手足の浮腫みは利尿剤の注射の効果で多少改善はしましたが、

まだあります。

そんな状態の親父。

以前、施設の老人の体調管理をしている医師からは

食べられなくなったら老衰の域ですね。と言われましたが

今の親父の状態はまさにそれだと思っています。

93歳ですからね。

その親父の今後ですが、食べ物が口から入らないので

点滴で栄養を入れるということで巡回で診察にくる医師と

相談してもらえないかという内容でした。

明後日の金曜日に医師の診察があると言うので診察の時間に合わせて

半日有給を使って医師と相談の予定です。

口から栄養が取れないとなると点滴しかありませんからね。

姉たちとも話しましたが、あんな状態の親父を見るのは可哀そう

早く楽にさせたいねという話、不謹慎ですけど。

そんな状態の親父を見てると、本当に可愛そうになってきてます。

私のところは親父だけでなく長姉も意識がなくものを食べられない

状態が続いていて、どちらも見ていると可哀そうになっちゃいます。

早かれ遅かれ別れは来るのですが・・・・・・・・・

今は何とも言えない気持ちです!

2018年8月 7日 (火)

施餓鬼法要

今日は我が家の菩提寺で施餓鬼法要があり

行ってきました。

檀家が多いお寺なのでお寺の駐車場以外に2ヵ所の

臨時駐車場を確保してあり、私は臨時駐車場に車を止めて

お寺へ行きましたが仁王様がある山門の下には

冷えた飲み物が参列者のために置いてあり、私も

1本頂きましたが猛暑日から夏日の気温まで一気に下がった

今日の陽気では喉も乾かないし自宅に持って帰ることにしました。

午後1時から総本山からいらしていた身分の高いお坊さんが

施餓鬼法要の意味だとか、お釈迦様のお話を1時間ほど聞いてから

2時から施餓鬼法要が始まり南無阿弥陀仏しか分かりませんでしたが

お経を30分超唱えて、その後、住職が故人の戒名と施主の名前を

読み上げるので読み上げられたら、お焼香をして塔婆を頂いて終了。

例年の施餓鬼法要ではついつい眠気が襲ってきていたのですが

今年は私の長姉と親父の容態が良くないので

お経を唱えている間に、たびたび手を合わせて奇跡を

お願いしていました。

治る見込みがないとなると最後は神頼み、お釈迦様頼みしかありません。

2018年8月 6日 (月)

今日の長姉と親父の容態。

今日は台風前の暑いけど穏やかな日ということと

私の休みも重なり、長姉、親父ともに先のことが分からない

状態が続いているので自宅周り畑、親父所有の土地の

草退治をやってしまおうと朝の4時半から始めて11時に終了。

親父所有の土地の草退治の一休みの時にその土地の一画に

家を建てている長姉の息子夫婦の嫁さんに長姉の様子を確認したら

意識は全くなくて点滴のみの飲まず食わず状態で

時々痙攣をおこしているとのことで私がお見舞いに行った先週の

木曜日より悪くなっているようです。

長姉の息子の嫁さんは現役の看護師なので知識はあるので

今の状態だといつ逝ってもおかしくない状態らしいです。

そして親父ですが午後、介護施設に面会に行きましたが

やはり声を掛けても耳が遠いので聞こえないのか、それとも意識が

朦朧としているのか、声を掛けても応答がありません。

ただ常駐の看護師の話だと出が悪かったオシッコですが先週の土曜日から

利尿剤の注射をしているせいなのか1日800㎖~900㎖とだいぶ増えて

浮腫みも少しずつ引いてきたと言ってましたが

親父も食事を与えようとすると咽るので点滴のみの状態です。

肺炎ですが肺の音もほぼ正常になってきてとかで看護師さんに

言われたのは「お父様はお身体、丈夫ですね!」と。

何でも利尿剤の注射をすると血圧が下がったりするそうなのですが

親父は変わらずだそうです。

どちらにしても親父も重篤な状態には変わりはありません。

わたしにとって2人同時に亡くなるとなってしまったら最悪のシナリオですから!

毎日、奇跡を願って自宅の仏壇に手を合わせています。

2018年8月 5日 (日)

猛暑だけど、適度に頑張るぞ!

私は明日明後日と2連休のお休みです。

来週は台風接近もありそうでお盆も近いので

畑の手入れをします。

主に草退治ですけどね。

朝早くから作業に取り掛かってなるべくなら猛暑の手前で

終了させたいと思っています。

最悪、明後日も農作業になるかもしれませんが!?

私の場合、台風やお盆以外に病状が重篤な長姉や親父がいるので

万が一のことがあったなら農作業どころではなくなってしまいますからね。

明日も猛暑日予報、にわか雨も予想されてますが降るのは

午後の遅い時間になるでしょう。

日中は過酷な農作業になりそうですが適度に休憩をして

急がずやっていきます。

2018年8月 4日 (土)

43年前の博多人形

あまり長く生きられないと医者から宣告されている私の長姉ですが、

先週、意識もうろうとしていた長姉のお見舞いを兼ねて

長姉宅に行ったときに長姉が寝ている部屋に人形が置いてあるんです。

別に気にもしていなかったのですが義兄が「この人形覚えてる?」って

聞いてきたので、「わからない!」って答えたんです。

そしたら義兄が、この人形は私が高校2年生の3月、修学旅行で九州に

行ったときにその1ヶ月後の4月に結婚式を挙げることになっていた

長姉にと私がお土産で買ってきた博多人形だったと教えてくれました。

確かに、いろいろお世話になり小遣いなども貰っていたので

長姉のために博多人形を買って長姉にあげたのは覚えているんですが

どんな博多人形だったかは、全く記憶にありません。

ただ、その九州への修学旅行のお土産で覚えていることは

博多人形が高価だったため、ほかの土産は長崎のカステラしか

買えなかったことは覚えています。

しかし長姉も、そんな昔の博多人形を大切に飾ってくれていたんだ。

ちょっと嬉しかったですね。

長姉宅には何度も来てますが長姉の寝室には入ったことがなかったので

先週、初めて知ったんです。

危ない状態が続いている長姉ですが奇跡が起きてくれないかと願っています。

2018年8月 3日 (金)

小康状態の長姉と親父。

私にとって気がかりな2人、長姉と親父です。

長姉は前からブログでも言ってるように膵臓ガンに冒され、

先月には脳内出血を引き起こして重体の状態で当初は病院で治療を

と思っていたのですが治る見込みがなく、余命もひと月はないでしょうと

宣告されて長姉の長女が看護師なので自宅で療養するという道を選んで

自宅で長女中心に看護をしています。

長姉には3人の子供たちがいますが、それぞれ独立していますので

義兄を含めて交代交代で看護をしている状態です。

私にとって甥や姪ですが面倒見がよい子たちなので頼もしいです。

昨日、私も長姉の様子を見に行きましたが1週間前に見た長姉とは

様子がかなり変わっていて悪くなってきているのが一目でわかる状態でした。

先ほど長姉を中心となって看病している姪に電話して長姉の様子を聞いたのですが

昨日と変わりないと言ってました。

声も出すけど「痛い、痛い」というだけで普通に話しかけても応答は

ないということです。

私も来週の月曜日に、また長姉の様子を見てこようと思っていますが

もう一人気がかりな親父もいますので親父の容態次第なのですが。

親父の状態は足の浮腫み、小水の量が少ない、肺炎を起こしていると

いった容態で、93歳の高齢なので、いつ逝ってもおかしくない状態は

変わっていません。

点滴のみで食べ物は一切食べてない状態ですからね。

心配事が絶えませんよ、ホントに奇跡でも起きて長姉と親父が元気に

ならないかなと思ってます。

明日は妻が休みなので親父のところに行ってもらいます。

2018年8月 2日 (木)

病状が深刻な姉と寝たきり状態の親父

今日は病状が深刻な状態に陥っている長姉の見舞いと

寝たきり状態で点滴のみの状態の親父の面会に行ってきました。

長姉は膵臓ガンで闘病中ですが脳梗塞、脳内出血で医師からも

長くはないと宣告され、長女の家族が病院での延命治療より

自宅での療養を選択したため自宅の介護とベットで看護師でもある

長姉の長女や息子や義兄が世話をしている状態ですが、

今日、長姉を見た時に先週、見舞ったときの長姉とは様子が

全く違ってました。

明らかに病魔は進んでいました。

先週は少しながらも物は食べたし、飲み物も自分で飲めたし

ベットから起きることも出来ましたが今日の姉は寝たきり状態でした。

寝ていてもうわ言で痛い痛いと。飲み物も自分では飲むこともできませんし

食べ物もフルーツを少しとアイスをちょっとだけしか食べていません。

看護師の長女が座薬を入れたりマッサージをしたりと長姉の看病をしている

姿を見てると自分の母親だから当然でしょうが長姉の弟の私から見たら

嬉しい限りです。

悲しいけど、長姉も、いつ逝っても、おかしくない状態でした。

多分、持っても数日かもしれないです。

3時間ほど長姉の傍にいましたが会話が出来ず、ただ見守るだけも

辛いですね。

長姉の家族に看病を頼んで、私のもう一人の気がかり、介護施設にいる

親父の面会もしてきました。

親父もほぼ寝たきり状態で、食べ物も食べられずに点滴のみ、

足は浮腫み尿もあまり出ていません。

状態は長姉の方が深刻ですが親父も93歳という高齢で

医師からは食べられなくなったら老衰の域と言われているので

先のことは何とも言えません。

2人同時は避けたいのですが、先のことは分かりませんから

親父の方は万が一のことを考えて準備は整えてあります。

気が短く頑固おやじだったけど、今の親父は、そんな面影もないです。

私の今の心配事、長姉と親父のことだけです。

2018年8月 1日 (水)

母親思い

ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

明日は私の長姉宅に行ってきます。

膵臓ガン、脳梗塞、脳内出血と、これでもかというくらいの

身体へのダメージがある病気に冒されて余命も残り少ないと

宣告されている長姉、弟の私も残念でなりません。

8歳年が離れていて面倒見の良かった長姉ですから。

先ほど長姉宅に電話して義兄と話をしましたが、容態は悪くなる一方らしいです。

先々週は脳梗塞後に長姉宅へ行きましたが、その時には

しゃべり方がおかしかったけど、まだ普通に会話が出来た状態でしたが

先週、脳内出血を起こしてからは私や長姉の妹である私の姉2人のことも

分からない状態で、でも少しですが食べ物も食べて飲み物も

自分で飲むことが出来ましたが先週の土曜日からは食べ物もほんのちょっと

果物だけを食べたり飲み物は自分の力では飲めない状態までになって

日ごとに悪くなるのが分かると義兄は言ってました。

ただ長姉の息子、長姉の次男ですが、長姉が脳内出血で倒れたと

聞き、長期出張先の中国から帰国して3週間の休暇を勤務先から

もらって、献身的に看病してくれているそうです。

次男の住まいは滋賀県ですが次男の家族全員が長姉宅に来て

看病してくれていることに感謝です。

息子だから当然と思われますが昨日お見舞いに行った姉2人からは

献身的な看病をする次男に実の子でもあそこまでは普通じゃ出来ないって

感心していました。

ただ心配なのは看病疲れ、残念だけど長姉は長くないと思います。

亡くなった時に長姉の家族に看病疲れが一気に来ないか心配です。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

新着記事

にほんブログ村

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ

ランキング

ブログラム

  • blogram投票ボタン

おきてがみ

  • おきてがみ

相互リンクの輪

ランキングネット

  • アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ

うれしいネット

  • うれしいネットで懸賞ゲット

ムームードメイン

A8.net

サントリーセサミン

  • サントリーウエルネスオンライン

ソイシュ

  • 大塚製薬の通販【オオツカ・プラスワン】

アド

オートリンクネット

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ツィッター

RSS